ダクトってなに?

株式会社京北工事

本社03-3947-7012

事務所03-6903-8890

本社 東京都文京区本駒込5-67-1 クレール駒込303

事務所 東京都北区赤羽1-27-4-301

ダクトってなに?

ダクトってなに?

建物内の空気の流れを作ります

DSC_0068

ダクトとは簡単に説明すると空気を運ぶ管です。

当社は、ビルなどの建物における空気調和設備のダクト工事を行っております。
空気調和設備とは、機械の設置やダクトの配管によって建物内に空気の流れを作り、

温度や湿度、気流、臭いをコントロールする働きをします。

いろいろな役割があります

換気のため、火災時の排煙など

外壁につけられたダクト

ダクト施工工事は、現場の規模や形状によって工事内容が変わります。
建物の天井裏や外部の配管まで、場所やダクトの種類も様々なものがあります。

空調・換気・排煙

ダクト工事にもいろいろな種類があるので簡単にご紹介します。


■空調ダクト

空調ダクトは空調(冷暖房)機器からの風を建物内に流すために設置します。

■換気ダクト

換気ダクトは建物内の空気の入れ替えのために設置します。

用途は家庭の換気扇と同じイメージです。

ダクトに給気口や排気口を設置し給排気をします。

■排煙ダクト

排煙ダクトは火災のときに必要なダクトです。

ビルなどでは屋上に大きなファンを設置して排煙口を作り煙を逃がすようになっています。

消防法により、定期点検と報告が義務付けられています。

大きさ・材質・形もさまざま

角ダクト材料

ひとくちにダクトと言っても様々な形状、材質、大きさ、つなげ方があります。

人が中を通れるほど大きなもの、直径10センチほどの筒状のもの、柔らかく自在に曲げられるもの、縦向きに組み立てる場合などなど、現場や工事内容によって様々なダクトを用いて施工を行います。

角ダクト(かくだくと)

DSC_0063

角ダクトは四角い形のダクトです。

30㎝×30㎝ほどの小さなものから

60㎝×180㎝などの大きなもの、

90度に曲がっているもの、S字に曲がっているものなど様々な形・サイズがあり、それらを組み合わせて施工していきます。

設置する場所や用途、ダクトの大きさによって

亜鉛やステンレス、ガルバリウム鋼板などダクトの材質・ダクトの鉄板の厚みも使い分けます。

スパイラルダクト

DSC_0070

丸ダクトは丸い形のダクトです。

丸い筒状のスパイラルダクトを必要に応じて切断し、継手などを用いて接続します。

直径10㎝ほどの小さなものから

直径35㎝ほどの大きなもの、

T字に枝分かれしているもの、後述の継手(つぎて)、フレキシブルダクトなど様々な形・サイズがあり、それらを組み合わせて施工していきます。

継手(つぎて)

DSC_0059

90度、45度などに曲がっているものや真っ直ぐなものがあります。

その名の通りスパイラルダクト同士を繋げて長さを伸ばしたり角度をつけて曲げるときに使用します。

フレキシブルダクト

DSC_0069

フレキシブルダクトはジャバラの円筒状になっており伸縮自在で、

複雑な工事や振動音が気になる部分など様々な部分に用いられます。

金属製のものや、塩化ビニル製、保温材・消音材付きのものなど

材質や種類も色々あります。

ダンパー

1552010821262

ダンパーとはダクトの中間に取り付けて風量を調節する装置です。

風量調節用のボリュームダンパー(VⅮ)

遠隔操作用のモーターダンパー(МⅮ)

逆流防止用のチャッキダンパー(CD)

延焼などを防ぐ防火ダンパー(FⅮ)

など他にも色々なダンパーがあります。

制気口

DSC_0058

制気口とはダクトの末端の天井内に取り付ける装置で、吸込口と吹出口があります。

シャッターやフィルターがあるものなど

色々な種類があります。

写真は通称”アネモ”と呼ばれるもので、

ビル内のオフィスの天井などによく見られます。

ご応募・お問い合わせはこちら

〒113-0021 東京都文京区本駒込5-67-1クレール駒込303
営業時間/8:00 ~ 17:00

本社 03-3947-7012

事務所 03-6903-8890

TOP